FF14の例のブログの『あとがき』

FF14の4周年記念14時間生放送の座談会に招待された(い)ブログの『あとがき』です。

【FF14】クラフターの経験値を毎日300万以上稼ぐ方法

 

f:id:LarryP_ff14:20190825140450j:plain

 

クラフターの経験値を毎日300万以上稼ぐ方法

こんにちはこんばんわ、らりーです。

漆黒のヴィランズから約2か月たちました、いかがお過ごしでしょうか。

 

ある程度自分のメインとなるジョブのレベルが上がったため、

最近はまったりとクラフターにも手を出しています。

そこで今回は、クラフターのレベリングに関する記事を書いてみようかと思います。

 

前提

レベル70

今回はレベル70からのレベル上げについて書いています。

方法自体はどのレベルのクラフターでもできるものですが、

毎日300万以上の経験値となると、レベル70以上のクラフターである必要があります。

 

ちょっとギルがあること

今回ご紹介する方法でクラフターのレベルを上げるには、

ちょっとだけギルが必要になります。

10万ギルぐらいあれば十分です。 

この方法をやっていると、自然とギルはたまるので、あまり心配しなくていいと思います。

 

この記事を書いている人のいろいろ

さて、方法に入る前に、この記事を書いている人のいろいろを書いておこうと思います。

  • 1日のプレイ時間は2~3時間程度
  • クラフターのレベル上げを急いでいない
  • リーヴ権がめちゃくちゃ余っている

というあたりで方法について何となく察していただけるかもしれません。

 

攻略

さて、では方法です。

正直言ってよくあるリーヴ納品を活用したレベル上げになりますが、

一切製作をせずリーヴ納品でだらだら上げる、がポイントです。

(もちろん製作してもいいです)

リーヴ納品については、色々と記事が上がっていますので、そちらをご覧ください。

 

jp.finalfantasyxiv.com

 

狙いは素材

では、一切製作をせずにどうやってリーヴ納品をするのか。

リーヴ納品の対象となっている素材をマーケットで買います。

シンプルにそれだけです。

 

レベル70からレベル80までのリーヴで、

素材が納品の対象となっているのは、以下のとおりです。

(木工)

レベル:70

製作依頼:実用家具作りのための材木

納品素材:ホワイトオーク材 1つ

報酬経験値:約55万

報酬ギル:約1500ギル


レベル:74

製作依頼:診療台作りのための木材

納品素材:ホワイトアッシュ材 1つ

報酬経験値:約70万

報酬ギル:約1600ギル

 

(鍛冶)

レベル:70

製作依頼:備蓄用の硬強金小塊

納品素材:ディープゴールドナゲット 1つ

報酬経験値:約55万

報酬ギル:約1700ギル


レベル:74

製作依頼:補修用の霊青材

納品素材:霊青材 1つ

報酬経験値:70万

報酬ギル:約1600ギル

 

(甲冑)

レベル:72

製作依頼:修理用の硬強金塊

納品素材:ディープゴールドインゴット 1つ

報酬経験値:約52万

報酬ギル:約1700ギル


レベル:76

製作依頼:試作用のチタン銅塊

納品素材:チタンブロンズインゴット 1つ

報酬経験値:約103万

報酬ギル:約1900ギル

 

(彫金)

レベル:70

製作依頼:実用的な硬泥岩砥石

納品素材:硬泥岩砥石 1つ

報酬経験値:約53万

報酬ギル:約1500ギル


レベル:74

製作依頼:魔装砲増産計画

納品素材:マナシルバーナゲット 1つ

報酬経験値:約56万

報酬ギル:約1900ギル

 

(革細工)

レベル:70

製作依頼:実用家具作りのための皮革材

納品素材:スミロドンレザー 1つ

報酬経験値:約48万

報酬ギル:約1600ギル


レベル:74

製作依頼:診療台作りのための皮革材

納品素材:アトロシラプトルレザー 1つ

報酬経験値:約56万

報酬ギル:約1800ギル

 

(裁縫)

レベル:70

製作依頼:実用家具作りのための糸

納品素材:白亜麻糸 1つ

報酬経験値:約51万

報酬ギル:約1700ギル


レベル:74

製作依頼:診療台作りのための皮革材

納品素材:妖綿糸 1つ

報酬経験値:約56万

報酬ギル:約1700ギル 

f:id:LarryP_ff14:20190825140525j:plain

f:id:LarryP_ff14:20190825140557j:plain

実際の画面では、こんな感じですね。 

 

つまりどういうことなの

簡単に言うと、

  • ホワイトオーク材
  • ホワイトアッシュ材
  • ディープゴールドナゲット
  • 霊青材
  • ディープゴールドインゴット
  • チタンブロンズインゴット
  • 硬泥岩砥石
  • マナシルバーナゲット
  • スミロドンレザー
  • アトロシラプトルレザー
  • 白亜麻糸
  • 妖綿糸

マーケットで安く(NQなら1500ギル以下、HQなら3000ギル以下で)売られていたら、とりあえず買っておいて、暇なときのポチポチと納品していれば、いずれカンストするよね、という方法です。

 

え、赤字になるんじゃないかって?

 

これが、今、意外と安いんです。

 

実際にマーケットを見るとわかると思います。

先にあげた納品素材全てではないですが、

 

「あれ、これなんでマーケットでこんな安いの」

 

という納品素材がきっとあるはずです。

 

 

もちろん、ワールド間テレポを駆使すると、さらに捗ります。

 

この方法は、レベル上げに時間がかかる以外のデメリットがほぼなく、

  • クラフトするための素材やクリスタル類の準備・管理が要らない
  • 全部の納品素材をテキトーに買いあさっても、チェストを10個ぐらい占有するだけ
  • マーケットで安く(略)売られていたら買うというルールさえ守れば、小銭も稼げる

といったメリットがあります。

 

いくつかのクラフターのレベリングを紹介している記事では、

主に大口依頼のリーヴをやることをオススメしている記事があるのは知っています。

間違いなく言えることは、リーヴ権の節約や、レベリングを急ぐ場合は大口依頼が早いです。

ただ、製作作業に時間がかかったり、素材を調達したり、

クリスタルを調達したりと、装備を揃えたり、マクロを作ったりと、

これはこれでなかなか大変なものがあります。

ただ、もはやスタートダッシュ勢がだいぶ稼ぎ終えてしまった感のある今のマーケットでは、

私はあまりクラフターのレベリングを急ぐ必要性を感じなかったので、

テキトーにマーケットで素材を買っておいて、暇なときに納品するという、この方法もアリなのかなと感じています。 

 

準備する納品素材の数の目安

そこで、

 

カンストまでにいくつ納品素材を用意したらいいんだ!

 

ってことになるのですが、

 

1つのリーヴでの報酬経験値が約50万としたとき、

 

  • レベル70 → レベル71 必要な納品素材の数:25個
  • レベル71 → レベル72 必要な納品素材の数:28個
  • レベル72 → レベル73 必要な納品素材の数:31個
  • レベル73 → レベル74 必要な納品素材の数:35個
  • レベル74 → レベル75 必要な納品素材の数:40個
  • レベル75 → レベル76 必要な納品素材の数:45個
  • レベル76 → レベル77 必要な納品素材の数:51個
  • レベル77 → レベル78 必要な納品素材の数:57個
  • レベル78 → レベル79 必要な納品素材の数:66個
  • レベル79 → レベル80 必要な納品素材の数:75個

 

となっていて、

レベル70からレベル80までを全てこの方法で上げようと思うと、

だいたい1クラスあたり約450個ほどの納品素材が必要になります。

 

まとめ

ということで、実際に私がやっているマーケットで買ってきた素材をリーヴで納品するだけというレベル上げの方法を記事にしてみました。

 

  • 1つのリーヴでの報酬経験値が約50万
  • リーヴ権は毎日6枚自動的に付与
  • 50万*6=300万

ということで、

クラフターの経験値を毎日300万以上稼ぐ方法となるわけです(タイトル回収)。

 

ただ、実際は

  • 攻略手帳の報酬
  • お得意様取引の報酬
  • ミーン工芸館取引の報酬

などがあるため、カンストまで約450個!みたいなの数は必要にならないです。

もし、納品素材が余ったとしても、

リーヴ権が余ったときに納品することで赤字にはならないので、そこは安心してください。

 

あ、ちなみに錬金と調理は、

 

  • 名匠の水薬
  • 巨匠の水薬
  • パープルカロットジュース
  • ブラッドトマトジュース
  • マサラチャイ

 

などが、

大口納品対象リーヴなのに、マーケットで安く売られていることがある

ので、探してみてくださいね。

 

ではまた!

記載されている会社名-製品名-システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright (C) FF14の例のブログの『あとがき』 All Rights Reserved.