FF14の例のブログの『あとがき』

FF14の4周年記念14時間生放送の座談会に招待された(い)ブログの『あとがき』です。

【FF14】ヒカセンのための3分間スピーチ(光のお父さん編)

f:id:LarryP_ff14:20190624230733j:plain


ヒカセンのための3分間スピーチ(光のお父さん編)

こんにちはこんばんわ、らりーです。 

2019年6月21日(金)より、

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が公開されていますね。

実は私はまだ見にいけていないのですが、

かなり高評価を得ているようで観るのが楽しみです!

 

filmaga.filmarks.com

prtimes.jp

 

今回は、私のように朝のミーティングで光のお父さんを話題する人がいるかもしれないので、

スピーチ例を一つ投稿しておこうかと思います。

 

 

注意点としては以下のとおりです。

  • 全体の文字数は約600文字です。普通に読むと2分ぐらいです。
  • 大きな声で、ゆっくりと読むと3分に近づくと思います。
  • 良さそうな部分だけ使ったり、部分的変えて貰って構いません。
  • ヒカセンは意外と近くにいるぞ!(体験談)

それではどうぞ!

 

スピーチ本文

最近「映画:光のお父さん」が話題になっているのを、皆さんはご存知でしょうか。


息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづった人気ブログが、坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんのW主演で映画化されました。


先日、この原作が今もブログで公開されていることを知り、先週末に一気読みした後、友人と映画館でこの映画を見てきました。


映画のなかで坂口健太郎さん演じるアキオは、父親役の吉田鋼太郎さんと一緒にゲームの中で冒険をします。


そしてその冒険を続ける中で、これまで知らなかった父の意外な一面を知ることになります。


ネタバレになるので続きは映画館で見て頂きたいのですが、原作のブログを読んでいた私も、最後はつい泣いてしまいました。


また、これは後から知ったことですが、この「映画:光のお父さん」は国内最大級の映画レビューサービスFilmarks(フィルマークス)の「6月第4週公開映画の初日満足度ランキング」で1位獲得するなど、高い評価を得ているようです。


「知っているつもりだけど、実はよく知らない」

 

こんな経験、みなさんにはありませんか?


顧客のことや、隣の席の同僚のこと。

 

みなさん、どこまで知ってますか?

 

心の中で思ってること、ちゃんと口に出して言えてますか?

 

そんなことを改めて見つめなおしたいと思えた映画でした。

 

すっきり泣いたので、また今日から気持ちを新たに業務に取り組みたいです!

記載されている会社名-製品名-システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright (C) FF14の例のブログの『あとがき』 All Rights Reserved.